鼻の黒ずみの原因と治し方

クレンジングや洗顔などで一生懸命ケアしているのにニョロニョロと出てきたりひそんでいたり。

毛穴の黒ずみに悩み至近距離に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

いちご鼻、ブラックヘッド…なんて思われたくない。

でもわざわざ美容皮膚科に通うのもなかなかできないですよね。

自信をもって笑顔でいられるためにも手軽に日常の中でキレイになれる方法を紹介したいと思います。

鼻の黒ずみはなぜできるのか?黒ずみの原因

適当に自己流で対処するよりも、自分の原因を知ったうえでそれぞれの原因にあった対策をしていきましょう。

ニキビや乾燥などで皮膚がダメージを受けることが毛穴の黒ずみの原因にもつながりますが、

鼻の毛穴の黒ずみができてしまう主な原因は

「角栓」「メラニン」「うぶ毛」です。

⑴角栓

まずは自分の鼻を触ってみてください。

ザラついているなと感じた場合は毛穴が詰まった状態です。このタイプが一番多いです。

毛穴には落としきれなかった汚れや、古くなった角質と皮脂が混ざった角栓が詰まっています。

それが空気にさらされ、酸化することによって黒ずみになってしまうのです。

また、角栓がつまることで毛穴が広がり、キレイにしても広がった毛穴の影が黒く見え目立って見えてしまう場合もあります。

鼻は皮脂の多い部分なので、余分な皮脂を溜め込まないことがとても大切です。

 

⑵メラニン

鼻を触ってみてザラつきを感じない場合、メラニンが原因で黒ずんで見えてしまっていることが考えられます。

メラニンはシミなどの原因として有名ですよね。

本来は肌を紫外線などの外的刺激から守ろうとして作られているメラニン。

過剰になったメラニン色素が肌の表面にでてくることで、黒ずみやシミとなることがあります。

紫外線だけでなく、肌の摩擦や肌に合っていない負担となる化粧品などを使い続けることなどもメラニン色素がつくられる原因でもあります。

 

⑶うぶ毛

鏡を見てみると毛穴からうぶ毛が生えているのが分かる場合、汚れやシミではなくうぶ毛が原因の可能性があります。

開いた毛穴から黒い点のように見えたり、短く毛が皮膚から透けて黒く見えているのです。

自分なりに一生懸命鼻の汚れなどをお手入れいているのに、なかなかキレイに改善されないとしたら毛穴のうぶ毛によるものかもしれません

 

 

タイプ別の対策

⑴角栓

角栓とは本来、皮脂と古い角質が混ざり合ったもの。

つまり誰にでも皮脂と角質は存在し、角栓は肌のサイクル上避けられないもの。

トラブルではなく健康な肌へのバロメーターともいえます。

ゴシゴシ擦りすぎや、毛穴パックのやりすぎや無理矢理指で摘み出すなんてことはやめましょう。

週に2度程度ピーリング石鹸や酵素洗顔で穏やかに古い角質を落とし、普段のクレンンジングや洗顔は優しく手早く行って、角質等へのダメージを最小限にしましょう。そして保湿をしっかり行うことも重要です。

 

①皮脂対策

★洗顔

基本中の基本ですね。

ポイントとしては

しっかり落とそうと力をいれて擦りすぎては保湿力を奪ってしまったり、逆に皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が増え肌へ負担となる可能性があります。

やはり、肌へのクッションとなる泡が重要です。卵一個分を目安にきめ細やかに泡立てましょう。

肌に触れるか触れないか程度の力加減で、泡で転がすように優しく洗う感覚を身につけてください。

洗顔料のタイプですが

ペースト状クリーム状のものは、洗顔料に含まれる油分などが肌に残りやすいので、

昔ながらの固形タイプの方が、すすぎ後さっぱりと皮脂や汚れを落として肌に弊害となるものを残しません。

 

★化粧水

化粧水を選ぶ時に

皮脂分泌コントロールに若干の作用があるといわれているビタミンC誘導体入りの化粧水がオススメです。

種類も複数ありますが、成分表示に下記の成分いずれかが記載されているものを使用しましょう。

*パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

*リン酸アスコルビルMg

*3−Oエチルアスコルビン酸

*アスコルビルビン酸

ビタミンC誘導体化粧水は、シミやシワにも働きかけるため、ぜひ常備を!

 

★あぶらとり紙

皮脂は毛穴の黒ずみだけでなく、酸化してシワやシミなどの肌老化を促進するので、日中の手軽に行える対策としてあぶらとり紙をおすすめします。

繊維の荒いティッシュよりもあぶらとり紙の方が断然肌に優しいです。

ポイントとしては

額から鼻のTゾーンを中心に皮脂が浮き始めたら、擦るのではなく押さえるように。

金箔打紙製法と呼ばれる加工製法で作られたあぶらとり紙が密度が高く吸着力に優れています。

 

②角質

★酵素洗顔

一般的な洗顔料は皮脂にはとても効果的なのですが、タンパク質でできている角質までは落としきれません。

そこでオススメなのが、タンパク質を分解する酵素洗顔料です!

角質詰まりを予防するだけでなく、皮脂を柔らかくする効果があり、毛穴が詰まりにくい状態へと導いてくれるのです。

ポイントとしては

洗浄力が強いため毎日の使用は避け、週に2回程度いつもの洗顔料の代わりの使用がベスト。

肌が弱い方はピンポイントで気になる部分だけに使用しましょう。

酵素は低音に弱いため、36℃前後のぬるま湯で泡立ててください。

パウダー状のものが多く。湿気で作用が低下することもあるので、保存の際には水分混入に注意です。

 

★ピーリング